アルバイトの確定申告

税金では、アルバイトの収入であったり社員の収入であっても「給与所得」として分類されます。

 

通常、給与所得は毎年12月に年の最後の給与を支払う際、年末調整によって所得税の精算が行われます。

 

しかし、年末調整の手続きが面倒なことから、アルバイトが多い飲食店やショップ、中小企業では社員のみの年末調整を行って、アルバイトの分を行わないところもあるようです。

 

正社員の毎月の給与にはあらかじめ所得税の仮徴収が行われており、給与から天引きされています。普通はこの仮徴収は多めに差し引いておき、年末調整で多く払った分を返す仕組みになっています。

 

ところが、アルバイトにおいてはある一定額を超えると所得税の仮徴収が行われ、給与から天引きされますが、年末調整を行わないと多く徴収されている所得税が返ってこない、という現象が起きてまいます。

多く払った税金を返してもらう

納税は国民の義務ですが、決められた額より多く払う義務はもちろんありません。
また、 税務署も多く払いすぎた税金をわざわざ返還してくれることもありません。

 

そこで、[確定申告」によって、多く払ってしまった税金を取り戻す手続きを行い、税金を返してもらいましょう。

 

返金額
103万以下の場合 課税所得は0円なため、すべての仮徴収分が戻ります。
学生の場合は130万円以下で、課税所得は0円となり、すべての仮徴収分が戻ります。

仮に超えてしまった場合でも、仮徴収されている場合は通常多く天引きされていますので、いくらか戻ってくることが多いようです。

 

1. 年間の収入を算出する

まずは年間どれくらい収入があったかを算出します。
このとき、実際に受け取った金額や給与明細の収入額を合計してはいけません。

 

手取りのアルバイト料は実際の金額から税金や社会保険料などが天引きされている可能性があるので、実際の年間所得とはならないためです。

 

正確な年間の収入(年間所得)の金額をを知るためには「源泉徴収票」を取得する必要があります。これは勤務先で依頼をするともらうことができます。

2. 確定申告の準備

確定申告の際に必要となる書類や情報を準備しましょう。
・源泉徴収票
・税金を返してもらう際、還付金を振り込んでもらう銀行口座の情報
・認印

3. 税務署へ行く

あなたがお住まいの住所を管轄している税務署へ行きます。

国税庁のホームページや各地域の国税局のホームページであなたがお住まいの管轄税務署を検索できます。

参考URL ⇒ http://www.nta.go.jp/category/syoukai/syozaiti.htm

 

税務署に到着後、確定申告書を作成するコーナーがありますので、そこへ行きます。

確定申告書の書き方は職員に聞けば教えてくれますので、悩まず聞いてしまいましょう。その際、源泉徴収票を見せるとスムーズに進みます。

 

記載後、捺印して提出します。

4. 返金(還付金)を受領する

確定申告書を提出してから1ヶ月〜2ヶ月で振り込まれます。

(時期は税務署によって異なります)

アルバイトの条件別検索
[エリア別 または 職種別]  都道府県バイト検索 : 職種別バイト検索
[高額 または 短期]  時給1,200円以上 : 3ヶ月以内の短期バイト

アルバイトの見つけ方のコツ


アルバイト応募の常識


アルバイトの基礎知識


職種別アルバイト


サイト情報